メニューを開く

インタビュー

メガメニューを開く
メガメニューを開く

HOME | いい家、いい土地、より安く。オシャレな家づくりは滋賀県栗東市のシンプルハウスへ

  • 栗東スタジオ 栗東スタジオ

    栗東スタジオ

    〒520-3047

    滋賀県栗東市手原2丁目3−8

    TEL :077-585-9925

  • 東近江スタジオ 東近江スタジオ

    東近江スタジオ

    〒527-0033

    東近江市東沖野1丁目1-31

    TEL:0748-36-1808

シンプルハウス
AM10:00 〜 PM8:00
定休日/毎週水曜 >会社案内
Copyright© 2020 株式会社タナカヤ. All Rights Reserved.
諦めなかったから大満足!余白で好きを楽しむハコのような家が完成。 写真
大津市I様

諦めなかったから大満足!余白で好きを楽しむハコのような家が完成。

Q 家づくりのきっかけを教えてください。

子どもが歩き出して音が気になりはじめたタイミングと、いつかはと思っていた家を建てたいタイミングが合わさり、収入なども含めて考え決めました。

展示場などを見に行ったり行動するごとに周りが後押ししてくれて。お家づくりは全くの未経験、いい土地といい人に出会えたから出来ましたね。

Q シンプルハウスで建てようと思った決め手はどこでしたか。

先に土地を見つけて、そこでシンプルハウスさんを紹介してもらいました。予算面とデザインが自由にできるところ、それと担当者さんの人柄で決めました。

他の所はこういう家というのが結構決まっていて、自分たちがどうすることもできなさそうだった。でもシンプルハウスさんは「まずは聞いてくれて、否定せずにじゃあこうしてみましょう」とわがままを聞いててくれて。危ないことは言ってほしいと最初にお願いして、それも込みで全部受け入れてもらえました。

子どもが小さかったので、アットホームな雰囲気も良かったですね。

Q こだわりポイントを教えてください。

大きなテーマとして「すっきりしたい」というのがありました。アンティークの家具などが好きで置きたかったから、それ有りきでスペースをつくってもらったり、目立つように壁紙とかにもここだわって。落ち着いた青白っぽい家にしたいというのがありました。

生活用品は全部パントリーにしまえるよう、広く。物を一ヵ所に集中させて、大体の物がそこに有る家族の共有収納スペースです。

その分、各部屋の収納を減らして空間を広くしました。後から好きな家具を子どもと一緒に選んで置いたりして、これからもっと自由に部屋を使っていきたいな。

後は、大きな玄関と琵琶湖が見える大きな窓。それと「おはようとただいま」が言える場がリビングだったらなと思っていて、そこに階段をつけてもらいました。

外観は使いたい外壁材があって、何回も相談させてもらって実現できました。ウッドデッキがアプローチの家、というのもコンセプトにあったので、それに合う全体の見た目。ウッドデッキは先々を考えると人口木が良かったのかもしれませんが「あんな風に腰掛けもつくって…」とイメージが明確にあったので本物の木を選んでいます。

Q セレクト式の家づくりはいかがでしたか。

机・椅子・食器棚…まずはこの家に何を置くかを考えて、やりたいことが決まってこのカタチになりました。

ほとんどオプションになりましたが、セレクトすることで「これじゃないな」というのが分かってやりやすかったな。合う合わないはあるけど、全部自分でゼロから選ぶよりは早いですね。

キッチン・トイレ・お風呂は元々がいい物だったので、そのままで予算も抑えられました。

Q 住まれてみていかがですか。また、こうすれば良かったという点は?

自分たちの生活を考えた動線で建ててもらって、その通りに生活できてるので本当に住みやすいです。

子どもは走り回ったり、パントリーを自分の部屋のようにこもってままごとしたりと隠れる場所ができた。自由に、最近は上手に暮らしてくれてるのかなって思います。

やりたいことをやったから「こうしておいたら良かった」がないんです。よく聞くんですけど全然ない。それだけ一生懸命詰め込んでたんで、大満足してます。

Q お気に入りの場所や過ごし方を教えてください。

(ご主人)玄関が好きですね。子どもが小さいこともあって、思ったより広くて良かったな。マンションの時は暗かったけど、窓を付けてるので明るくて、グレーのモルタル × 白壁の感じが好きですね。ゆっくりできる広いリビングもくつろげます。

(奥様)大きな窓のあるフリースペースかな。朝一番に起きて朝日を見たり、夜一人でヨガしたり。でもどこも好きなようにさせてもらったんで、全部かも。

旦那さんが庭いじりを好きになって、子どもも一緒に話ながら…というのは思ってなかった。みんなで家や庭を完成させる達成感があります。

最初に家というより、自分たちの好きなことが好きなように出来るハコが欲しいと言ってたんです。だからシンプルハウスさんのシンプルさがありがたかった。先々何でも出来るように、壁を補強したり、あちこちに余白を残しています。自由にやれるのが楽しいし、いろいろと変化させていきたいですね。


 

Q 家づくり全体の感想を聞かせてください。

奥さんはデザイン面、僕は外観や機能面で役割分担しながら。意見がぶつかることはあったけど、うまくお互いを認めながらなんとかなったのかな。

すごく詰め込んでこんなに大変なのかという感じでしたが、人に助けられました。でもそうじゃなかったら多分満足できてないし、何より今が気持ちよく暮らせてるので良かったですね。やりきったな(笑)

敢えてやり残しもつくったので、楽しめるポイントがまだまだあって。だから完成という感じがなくて、家づくりは継続中ですね。

Q これから建てる方へのアドバイスをお願いします。

家づくり初心者で分からない事は多いけど、あれ?と思ったことはちゃんと疑問に思って聞く。

大変な時はお互いに「もうちょっと頑張ろうよ」と言い合って、諦めない。得意不得意で分担してたので、一人がすごく頑張ったではなく半々で頑張れました。もういいかと思ったらもういいかの家になるので、詰めるところまで詰めた方が満足いく家に。ここはこうして良かったというポイントを家中につくって。

「一万円の買い物じゃないのでちゃんと考えよう」というのを自分たちにも、シンプルハウスさんにも求めて。せっかくの注文住宅、やらないともったいないです。

シンプルに・楽しく暮らすシンプルハウスの家づくり シンプルに・楽しく暮らすシンプルハウスの家づくり

ページ先頭へ戻る